ティグラウンド~グリーンまで(スルー・ザ・グリーン)のルール

ゴルフにはいくつものルールがあります。
ティグラウンド~グリーンまでのことを「スルー・ザ・グリーン」と呼びますが、ここではその「スルー・ザ・グリーン」においてよくあるシチュエーションとペナルティについてご紹介します。
初心者の方にとっては、一度にすべてを覚えるのは難しいかもしれませんが、このページをスマホで確認するなどして随時覚えていきましょう。

ドロップボールが自分の足に当たった…0打罰

ウォーターハザードなど、ボールをドロップするシチュエーションが発生した際に、ドロップしたボールが足に当たってもそれ自体はペナルティにはならず、もう一度ドロップし直します。
ただ、もしドロップして足に当たったボールをそのまま打ってしまったら2打罰となってしまいますので、注意して覚えておきましょう。

打ったボールが同伴競技者の携帯品に当たった…0打罰

同伴競技者のバッグは局外者(※)なのでペナルティはありません。
ボールが落ちた位置からそのままプレーしましょう。
※局外者=ストロークプレーの場合、同伴競技者とそのキャディー、自分以外のボール・携帯品

ひび割れたボールを別のボールと交換した…0打罰

プレー中に生じた傷ならば、同伴競技者にその旨を告げて交換できます。
ただし、同伴競技者に告げなかったり、あるいは交換したボールを置くのを見せなかった場合は1打罰となりますので、必ず同伴競技者が見ている中でボール交換をしましょう。

ラウンド中に自分のボールか確認した…0打罰

同伴競技者にその旨を告げて、ボールの位置をマークすれば調べても大丈夫です。

カートの道路上にボールが止まった…0打罰

カートは動かせない障害物となり、動かせない障害物からの救済措置が受けられるので、ペナルティはありません。

スイングしたクラブが当たって木の枝が折れてしまった…0打罰

意図的に折ったのでなければペナルティはありません。

ハザードの位置を人に教えた…0打罰

プレー中に同伴競技者にアドバイスをするのはゴルフでは原則禁止なのですが、ハザードの種類や位置は「公知の事実」として扱われペナルティはありません。

素振りをしたら、クラブヘッドが触れてボールが転がった…1打罰

ティーグラウンドとは異なり、打つ意思がなくても1打罰となります。
転がったボールは元の位置に戻して再度打ちます。

ラフで気づかずに自分のボールを蹴った…1打罰

正規の場所からボールを移動させたということでペナルティとして1打罰となります。
転がったボールは元の位置に戻して再度打ちます。

ボールが木にひっかかった…1打罰

アンプレアブル(※)をして、1打罰を受けて以下のいずれかの救済を受けます。
(※)アンプレアブル=この位置からではプレーできません、という宣言

  1. 最後に打った場所に戻って、できるだけ近い位置にドロップしてプレーを再開する
    ※ティーショット(1打目)した後にアンプレアブルを宣言する時は再度ティーアップしてプレーできる
  2. 当該ボールの位置から2クラブレングス(クラブ2本分の距離)以内にドロップしてプレーを再開する
  3. 当該ボールと、ホールを結んだボール後方の直線上にドロップしてプレーを再開する
    なお、木を揺らしてボールを落とすとさらに1打罰が加えられるので、注意しましょう

アドレス後にボールが動いたがそのまま打った…1打罰

アドレス後に動いたボールを打った場合は1打罰となります。
ちなみに、動いていることがわかっているボールを打つと2打罰となりますので、気をつけましょう。

打ったボールが跳ね返って自分や自分の携帯品に当たった…1打罰

同伴競技者の携帯品に当たった場合は無罰でしたが、自分や自分の携帯品に当たった場合は1打罰が加えられます。
ボールが落ちた位置から再プレーとなります。

セカンドショット以降がOBになった…1打罰

ペナルティで1打罰となります。
OBとなったボールを打った場所の近くで、ホールに近づかないところにドロップしてプレーを続けます。

スイングに邪魔な、木の枝を折った…2打罰

意図的にスイングの区域を改善するのはペナルティとして2打罰となります。

打つ前にボールのすぐ後ろを踏みつけた…2打罰

ライの改善、あるいはスイング区域の改善にあたり、ペナルティとして2打罰となります。

間違えて人のボールを打ってしまった…2打罰

2打罰のペナルティが加えられ、正しい自分のボールを打ち直します。
ちなみに、誤って打たれたプレーヤーにはペナルティはありません。

ページの先頭へ