ティグラウンド上でのルール

ゴルフにはいくつものルールがあります。
ここでは、主にティグラウンド上にてよくあるシチュエーションとペナルティについてご紹介します。
初心者の方にとっては、一度にすべてを覚えるのは難しいかもしれませんが、このページをスマホで確認するなどして、プレー中の空き時間で一つずつ覚えていきましょう。

ライ(ボール周辺の状況)を改善した…0打罰

ティショットはプレー開始前なので、ティグラウンドの地面をならしてもライの改善にはあたらないため、特にペナルティは発生しません。

スイング前の素振りやアドレスでティからボールが落ちた…0打罰

プレー開始前なので、偶然ボールがクラブに当たって落ちてもペナルティにはなりません。

ミスショットでティマーカーの側にボールが落ちたので、ティマーカーを移動させて打った…0打罰

ティマーカー(ティショットを打つ場所の範囲を決めるための目印)がボールを打つのに邪魔なときは、動かせる障害物として移動させることができます。

打つ順番を間違えた…0打罰

特にペナルティはありませんので、そのままプレーを続けましょう。
ちなみに、打つ順番は、最初のホールのティーショットはくじやじゃんけんなどで決め、ティショット以降はグリーンから遠い人から打ち、次のホール以降のティショットは、前のホールで一番スコアが良かった人から打っていきます。
打つ順番を間違えることはルール上はペナルティにはなりませんが、マナーとしては失礼になりますので気をつけましょう。

空振りでティからボールが落ちたのでティーに乗せ直して打った…1打罰

素振りではなく、実際にスイングしたことでプレーは開始されたとみなされます。
ティへ乗せ直すとインプレーのボールを拾ったことになりますので、打った数とは別に1打罰のペナルティが課されてしまいますので気をつけましょう。

ティショット(第1打)がOBとなった…1打罰

1打罰、つまり3打目として再度ティショットを打ちます。
※ローカルルールで前進ティが設置されているコースでは前進ティから打つこともできます。
例) 前進4打と表記されていたら>前進ティから4打目として打ちます。

ティマーカーから離れた場所からティショットを打った…2打罰

ティショット(1打目)は、左右のティマーカーの外側の先端を結んだ線の内側、奥行きはその線から2クラブレングス後方まで区域の中で打つことが定められています。
それよりも離れた場所からティショットを打った場合は2打罰のペナルティとなります。

ページの先頭へ