ハザードでのルール

ゴルフにはいくつものルールがあります。
ここでは、主にウォーターハザードやバンカーといったハザードにてよくあるシチュエーションと、ペナルティについてご紹介します。
事前に知っておかないとやってしまいがちなペナルティも多いので、ラウンド前に覚えておきましょう。

ウォーターハザード表示杭の隣に止まったので、杭を抜いて打った…0打罰

特にペナルティには当たりませんので、そのままの状態でプレーを続けます。

ウォーターハザードの浅瀬で動いているボールを打った…0打罰

特にペナルティにはなりません。
ただしボールが落ち着くまで待つなど、時間をかけるとスロープレーのペナルティとして2打罰となりますので、救済を受けずに、打つと決めたらすぐに打つようにしましょう。

ボールが川に落ちてOBに流された…1打罰

OBとしてカウントされるので、1打罰となります。
OBとしての処理を行うので、元の位置にドロップしてプレーを続けます。

バンカー内にあったレーキを動かしたらボールも動いてしまった…0打罰

レーキ(バンカーをならす道具)は動かせる障害物としてカウントされるので、ペナルティはなく、元の場所にリプレース(戻す)してプレーを続けましょう。

打ったボールがまたクラブに当たってしまった…1打罰

2度打ちとして1打罰のペナルティが加えられます。
ちなみに、スコアは打った数+1打罰の計2打となり、打った後に当たった回数は何回当たったとしてもカウントされません。

バンカー内で素振りをし、クラブが砂についた…2打罰

ハザードの状態をテストした、というルール違反にあたり、2打罰となります。
ただしバンカーショットが成功したあとであればペナルティにはなりません。

ページの先頭へ