その他のシチュエーションでのルール

ゴルフにはいくつものルールがあります。
ここでは、特にコース内でのタイミングを問わない、よくあるシチュエーションとペナルティについてご紹介します。
特に競技ゴルフに参加する際には、きちんと覚えておくようにしましょう。

キャディさんにアドバイスしてもらった…0打罰

自分のキャディさんは自分と同一と考えられるので、ペナルティはありません。

ラウンド中に同伴競技者からボールを借りてプレーした…0打罰

ボールやグローブなどの貸し借りは禁じられていないため、ペナルティはありません。
しかし、ゴルフクラブの貸し借りはペナルティの対象となるため、注意しましょう。(後述)

ラウンド中に同伴競技者へアドバイスした…2打罰

「公知の事実」以外のアドバイスとして扱われ1打罰となります。
また、アドバイスを要求したほうも2打罰のペナルティとなります。
使用クラブを聞いたり教えたりすることもこの反則にあたるので、特に公式の競技ゴルフに参加する方は注意しましょう。

クラブを忘れたので取りに戻ってプレーを遅らせた…2打罰

プレーを不当に遅らせたことに対してペナルティとして2打罰となります。
ボールを打ったら常に、次に使うであろうクラブを複数本持つクセをつけておきましょう。

ラウンド中に後続組から打ち込まれたボールを打ち返した…2打罰

紳士的な行為ではないとして2打罰のペナルティとなります。
ルール上もそうですが、大ケガにつながる可能性もありますのでこうした行為は止めましょう。

ラウンド中に同伴競技者のクラブを借りた…2~4打罰

人のクラブを借りると、1ホールにつき2打罰、1ラウンドにつき最高で4打罰のペナルティとなります。

実際より少ないスコアを申告した…失格

意図的な場合はもちろん、誤記でも競技失格となります。

スタート時間に遅れた…失格

正当な理由がないかぎり、競技失格となります。

ページの先頭へ